最も多くの人々が歩いたとされている熊野参詣道「中辺路(なかへち)」を歩く――すべての感覚が麻痺して頭に死がよぎるほど絶望の底にいた17歳の時に出会ったのが